イルカとチベット(とナヴィ)

アカデミー賞のドキュメンタリー部門は日本のイルカ漁を告発する内容の「ザ・コーブ」ということで、捕鯨問題ともあいまって物議をかもしている様子。
町山智浩さんのブログで紹介されていて、そういう映画があるということは知っていたけど、まさかアカデミー賞にノミネートされていたとは知りませんでした。
もっとも、アカデミー賞はもともと身内のお祭りで、ハリウッドの映画人にはシー・シェパードに賛同する人も多いらしいということで、当然の結果と言えなくもないようです。(Wikipediaのシー・シェパードのページを見ると、そうそうたる面子がそろってますなー)

日本人的には「うちらのご先祖は鯨1頭捕ったら骨の髄まで大切に食べてたのに、お前らの先祖は油だけ抜いて捨ててたじゃないか」とか色々言いたいことも多いわけですが、ちょっと考えてみるとこの構図、たとえば「セブン・イヤーズ・イン・チベット」に対して中国が反感を持ったり上映禁止にしたりするのと似ている気がします。

ハリウッドの映画人には人権問題に積極的な人も多いのは周知のことで、ことがチベット問題であれば日本人もリチャード・ギアなんかに同調して「フリー・チベット」とか言うことにまったく抵抗無いわけですが、一転捕鯨問題になると自分たちに矛先が向いてきて戸惑っているのが今の状況かと。
でもアメリカ人にしてみればチベット問題も捕鯨問題も純粋な正義感から発している意味では同根で、それだけにロジカルな反論をしても効果は無い気がします。
(チベット人の受けてる迫害と鯨を同一視するなという意見は当然ですが、ここで言いたいのは視座を変えて見ることの難しさなのでご容赦を)

そもそも日本人だって、「鯨を食べるのは全然かまわないけど犬を食べるなんて畜生にも劣る」と思っている人は多そうだしなあ(犬食でググると結構出てくる…)
カンガルーとか馬とかウサギとか犬とか、結局その対象に愛着のある人は食べることにタブーを感じるし、でも食う人は食うし、現代においては敢えて食う必要なんか無いじゃないかと言われてもそれは文化の問題だし、やっぱり難しい問題ですね。

それにしても、「異なる文化も尊重せにゃあかんよ」というメッセージがこめられた「アバター」が作品賞を争ったその年に、西洋的価値観の押し付けとしか思えない「ザ・コーブ」がドキュメンタリー賞を取るというのも実に皮肉な話です。

言葉で説き伏せるのは言語の違いもあって困難なので、ここはひとつ、富士山をバックにイルカ漁をしているナヴィが動物愛護団体の攻撃にさらされている風刺画とか、誰か描いてみませんかね?

コメントをどうぞ

Tweetableを入れてみました。

最近Twitterでつぶやくことの方が多くなってきているので、WordPress PluginのTweetableを入れてみました。
サイドバーに呟きが表示されるようになりました。

Tweetable

http://wordpress.org/extend/plugins/tweetable/

こちらを参考にしました。

http://www.ryuzee.com/contents/blog/2760

コメントをどうぞ

Twitter始めてみたり

巷で流行りのTwitterですが、つかってみないとどんなものかも分からんと言うことで始めてみました。
アカウントは kojiro_jn です。

まだ興味のある識者をフォローしてる程度ですが、確かにこれは面白い。
昨日はナウシカをやってる時間にみんな呟いていたりと、緩やかに時間を共有している感があります。

さりとてメッセンジャーやチャットほど強い結び付きでないのが、そっちのほうにいまいち馴染めなかった身には取っつきやすいです:)

コメントをどうぞ

「刀語」が面白かった!

BSでやっていたのを録画しておいた「刀語」を見てみました。
これが面白い!
1時間の枠で毎月放映するという形態のようですが、作画も演出も気合が入っています。
西尾維新的な話芸の妙もいかんなく発揮され、小気味良い言葉の奔流にさらされる様は、まるで講談を聞いているようです。
これはお奨め。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

コメントをどうぞ

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」が良さげ

録画サーバも作り直したことなので、1月期からアニメの録画も再開したところ。
今のところは「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」が夫婦そろってお気に入りです。
和洋折衷、というか混在のミリタリー系世界観というのが面白い。
OPの曲もとてもいいですねー。

2件のコメント

iPad発表

噂のApple製タブレットは、よい意味で期待通りというか、ガジェット好きのココロをくすぐるアイテムになりそうです。

一方で、ソースは失念しましたが、マルチメディア端末とするなら今の技術では電子インクは使えないので、バックライトを使う液晶で長時間の読書が可能かという問題が残り、Kindleとは直接競合しないんじゃないかという予想もあるようで、それはそれでありそうな話です。

出版は音楽以上に文化に根ざす分野でもあるので、iTuneでの成功が日本も再現するのかどうか、今から楽しみです:)

コメントをどうぞ

電子書籍時代のコミケ

コメントに書こうとしたけど長くなるので別エントリで。

このまま電子書籍が普及していくと、コミケみたいな同人文化はどうなるのかなーと、ふと思いました。
遠からず、電子出版で同人誌をだすのはものすごく簡単になりそうだけど、コミケみたいな空間は現物の印刷物が無いとなかなか成り立たない気がします。
(おのおのブースにKindleを並べて、購入者にはWiFiで交換、とかあんまり想像できない)

そうすると予想される展開としては…

  1. 同人誌の販売はネット上で行われるようになって、コミケはコスプレやSF大会のような交流会にシフトする。
  2. コミケを維持する方向にベクトルが働いて、この分野では電子出版が普及しない。
  3. 印刷と電子出版が半々になって、コミケは規模縮小しつつも残る。
  4. 二次創作同人誌の電子出版は強く取り締まられて、コミケのような即売会が著作権特区になる。結果としてコミケは残る。

という辺りでしょうか。
あ、4番目あたりが一番ありそうな気がしてきた…

コメントをどうぞ

Amazonの印税率70%とな

Amazonの出版サービスを利用して電子出版した場合、条件付きではありますが印税率70%とのこと(実際には著者や編集者やデサイナーで折半だろうけど)

電子で売れた作品を紙でもオンデマンド販売するくらいのサービスは当然繰り出してくるだろうしなあ。
出版社は規制を強めたところで、肝心のコンテンツ自体が素通りしていく可能性もありそうです。

音楽ダウンロードの二の舞になりはすまいか…

2件のコメント

電子書籍が気になる

数年前に友人にiRiadを見せてもらって、電子インクって面白いな~と思ったものの、値段がまだ高かったことやコンテンツが無いこともあってスルーしてました。
(まあそんなことだからGeekにはなれそうもないんですが…)

それが最近になってKindleとかがアメリカで流行っていると言う声が聞こえてきたり、ソニーのReaderも健闘しているようで、ようやく普及の兆しが見えてきたようです。

特にAmazonが始めるらしい出版サービスはリスクゼロで自費出版できるようなものなので、とても面白そうです。アマチュアだけでなく、プロが参加したり、部数の刷りにくい学術書が充実したりすると賑やかになっていいんですけどね。
ただ、出版社から作家に対して契約上の縛りが増えてくるかもしれませんが。

何でこんなことを書くかと言えば、ちょっといま考えてることに関係するかもしれないと思ったからなんですけどね…

とりあえず電子書籍のフォーマットを調べてみましたが、epubという形式がデファクトのようです。
これ、xmlをzipで固めただけの簡単な形式なんですねー。
もうちょっと調べてみると面白そうかも…

2件のコメント

HT-03を手に入れた

携帯をDoCoMoのAndroid端末、HT-03に変えました。
NexusOneも発表された今日この頃ですが、最新端末が日本のキャリアで使えるようになるまでにはまだ時間がかかると思われるし、出たとしても最初は高いだろうから、今のうちに買っておいて2年経ったら買い増しをする計画です。
職場で回り中がiPhone持っていて腹立たしいうらやましいというのもありますが:P

とりあえず定番アプリをインストールして使い始めていますが、W-ZERO3の頃に感じた不満がほとんど感じられません。
特に通信速度が速くなって、きょう日の重いサイトがそれほど苦も無く見られるのはありがたいところです。

他にも、W-ZERO3ではインターネット通信を開始するまでに時間がかかっていらいらしたり、ちょっとバックグラウンドで何か動いていると使用に耐えないほど重くなったりしましたが、今のところそういう状況も無し。

そして何よりの魅力は、Googleの豊富なアプリケーションとの親和性の高さ。
特にGoogle Mapsがすいすい使えるので、これがあれば十分GPS専用機を代替することが出来ると思います。
(まあこの辺はiPhoneでも似たようなことが出来るんだろうけど)

ハード的な質感も、もっとチープかと思っていたら意外と高級感があっていい感じ。
iPhoneを使っていないので比較はできませんが、スマートフォンを使う楽しさは十分に得られて満足です:)

2件のコメント